忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

チェロ協奏曲(サリバン)

これでサリバンのアイルランド交響楽団は、まず以前の 1866年に行われたコンサートでは、イタリアのチェロ奏者アルフレードピアッティは、シューマンチェロ協奏曲を、ピアッティのための新しい協奏曲を構成 するサリバンを求めるメッセージが表示された。チェロ協奏曲は、いずれも頻繁に、今日で構成されてい た前に1860を果たした。ドヴォルザーク、サン=サーンスのチェロ協奏曲はまだ 来て、、もちろん、エルガー、ショスタコーヴィチの有名な20世紀の協奏曲はであった。これらのヴィヴァルディ、ハイドンのような以前の世紀の協奏曲を無 視に陥っていた。もシューマンは、16歳で構成さサリバンの前に、これ までの時間で定期的にレパートリーの作品からだった。仕事は英語の音楽の新星によって書かれた、ピアッティ などの有名な巨匠の演奏、そのレパートリーにしっかりと場所を取るが、期待されているかもしれないが、唯一の作曲家の生涯の詳細を三度演奏された[1]。
PR
Name
Title
Mail
URL
Comment
Pass
Pictgram
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

 
トラックバックURL
 

カレンダー

10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

 

カテゴリー

 

最新コメント

 

最新トラックバック

 

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

 

バーコード

 

ブログ内検索

 

P R